玉手箱というよりパンドラの箱G
玉手箱というよりパンドラの箱G
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかねえ
三沢社長の死がまだショックだというのに、訃報というのは続くもので
翌日にはプロレスインディー団体のベテランレフェリーのテッド田辺氏がやはり興業中に死亡。
6/18には小説家の中里融司氏が52才で亡くなられたとか。
少し前には栗本薫氏もなくなられてるし(流石にグインサーガは0巻くらいで読むの止めてたけど)
中里さんのデモンズサモナーとか好きなシリーズだったんだけど、まだ亡くなるには早いよねえ。
ほんと、人生、いつどこで終わるのかはわかりませんな。

吉田直、塩沢兼人、ジャンボ鶴田、富山敬、石森正太郎、氷室冴子、みず谷なおき、手塚治虫、岡田真澄、井上瑤、鈴置洋孝、山田康夫、いかりや長介、橋本真也、坂井泉水(各敬称略)。
記憶にあるだけでもちょっと思い出すだけでも、これらの人々の訃報でびっくりし、ショックを受けた記憶があるかなあ。

三沢氏、塩沢氏、いかりやさんはとくにショックでした。
あの世があるので有れば、そっちで活躍して欲しい人たちばかりです。
スポンサーサイト
追悼三沢社長
スポーツナビより転載


 三沢光晴が死亡、試合中に倒れる=ノア
三沢光晴(右)が13日の試合中に倒れ、死亡が確認された
 プロレスリング・ノアの「Southern Navig.’09」が13日、広島グリーンアリーナで開催され、メーンイベントに出場した三沢光晴(46)が試合中に倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 各報道によると、三沢は対戦相手の齋藤彰俊のバックドロップを浴びた際、頭から落ちて動けなくなった。その後、リング上でAED(自動体外式除細動器)で蘇生措置を施され、広島大学病院に救急搬送されたが、同10時10分に死亡が確認された。

---------------------------------------
日本でも屈指の偉大なプロレスラーがまさか、三沢が、馬鹿な……と思ってしまったくらいショッキングなお話でした。
最近プロレスは見に行ってないけど、たまーにプロレスラー死亡ニュースが入るとなんとも悲しい思いをしてたんだけど、流石に今回のはかなりショック。もうあのプロレスが見れなくなるのか、なんとも切ない限りです。
 謹んでご冥福を祈ります。こう書いてるいまでも信じられない気持ちです。
生存確認
数少ない同僚である、あの方の足跡があったので、ちょっとだけほっとしました。
色々と大変とは思いますけど、倒れないようにね、そのうちひょっこり戻ってきてくださいな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。